アフィリエイト初心者がよく間違えてまうアレやコレとその解決策

どうも、たかぴろです。今回はアフィリエイト初心者の多くの人が間違ってしまっていたり、根本的にそこじゃねーよ!!!って思うあるあるネタをご紹介していきます。

 

すぐ諦めてしまう

大半の方がそうでは無いのかな?と感じています。これって非常に勿体無いです。あと少し頑張れば結果が出るのに!って思います。

でもすぐ諦めてしまう理由って色々ありますよね。

  • 記事を沢山書いてるのにアクセスが来ない
  • 書くネタが尽きてしまって思考停止
  • 根本的に何をどうすれば良いのか分からない

大体こんな感じですかね?それぞれ解決策を解説していきます。

記事を沢山書いているのにアクセスが来ない

この原因の中にも考えられる要因は細分化出来るのですが、大まかに考えられるのは

  • 記事の文字数が少ない

私自身が体感しているのはGoogleは記事単位で文字数をかなり重要視しているって事です。当然ブログ全体でのボリュームも大切なんですが、現在のGoogleは記事単位でそのコンテンツが有益かどうかを判断しています。

極端な話、『100文字で100記事のブログ』よりも『10000文字で1記事のブログ』の方が上位表示されます。

もう少し文字数を気にしてコンテンツを作ってみてはどうでしょうか?

  • ドメインを取得してからそんなに経過していない

どんなに良い記事を書いていても立ち上げ当初は必ずと言っていいほど上位表示はされません。それはドメインパワーが関係しているからです。

その名の通りなんですがドメイン自体が持っている力って事です。一般的にはドメイン取得日から長ければ長いほど良いって言われています。

だからゴリゴリのサイトアフィリエイターは中古ドメインを買いまくる訳です。上手くいけば速攻で上位表示出来ますから。

最先端のIT企業がそんな所を年功序列にしてるのか!

と思うかもしれませんが、私が思うに新規のドメインでも2〜3ヶ月もすれば対等に扱ってくれると思っています。というか実際に私がそうでした。

ただどうしても『生まれたてのbabyドメイン』では評価されるのにある程度の時間が必要です。ここは辛抱するしかありません。

  • そのキーワードに需要が無い

ブログを立ち上げる時もしくは記事を書く際にあなたが意識しているキーワード⇦これの検索ボリュームは調べているでしょうか?

キーワードプランナーを使って調べてみて下さい。

月間で30回しか検索されないようなキーワードでは訪問者はMAXでも月30人以下になりますよね。一般的に検索結果の1位で訪問率が3割だと言われています。

書くネタが尽きてしまって思考停止

これも多くの人がすぐに諦めてしまう原因のひとつです。『もう書く事ねぇよ…』ってなってしまう人多いですよねwその原因は色々あるんですが

  • ジャンルを絞り過ぎた

例えば『1つの商品』の事だけをひたすら書いているブログ。これはぶっちゃけ大正解だと思います。私が提唱しているparadoxメソッドもこれに近い概念ですから。

Googleは専門性の高い有益なコンテンツを高く評価してくれますので『超絶鬼特化型ブログ』は普通に最強だと思います。

ですが1つの商品に絞りきってしまった弊害が『もう書く事ねえよ!!』となってしまいますよねw

この解決案なのですが、あなたは本当にその商品について全て書き切ってしまっているのでしょうか?まだまだ書ける事はあるはずです。

例えば『ある自転車』の事だけに特化したブログだった場合:

その自転車の機能や使い心地⇦つまりレビュー記事だけを書いていませんか?

それじゃ当然書くネタはすぐに尽きてしまいます。そういった場合はもっと抽象度を上げて考えます。

  • この自転車を欲しがる人はどんな人か?
  1. デブだからダイエットしたい
  2. スタイルを維持(良く)したい
  3. 通勤のガソリン代を節約したい
  4. マラソン大会に向けて体力をつけたい
  5. 免停になってしまった
  6. 老後の夫婦の趣味として
  7. 他の自転車メーカーが体に合わない

…すいません。自転車についてあまり考えた事が無いので強引すぎるやつもあるかもしれませんが。

ですが抽象度を上げればこれだけ『書けそうなネタ』が見つかります。思わぬ所で【潜在客】を拾ってきてくれますから、参考にしてみて下さい(^ ^)

根本的に何をどうすればいいのか分からない

これは一言。ググレカス

デザインにこだわりすぎる

これは私自身も経験しているので気持ちは凄く分かります^^;

『綺麗で奇抜で洒落乙なデザインにしてやる!』って意気込んでhtmlやCSSの勉強に没頭しちゃう人

本来の目的を見失っていますよね。

極論を言ってしまえば、デザインをプロ級に仕上げた所でアクセスは0のままです。Googleはそんな所見ていませんから(ユーザビリティとかは後々関係してきますが)

大切なのはとにかく文字情報をぶち込む事です。それ以外にGoogleに拾ってもらえる術は無いんですから。

私も以前は無料のワードプレステーマ(スティンガーとかガッシュとか)をゴリゴリにカスタマイズしてやろう!って半月ぐらい没頭した事がありますw

でも『あれ…俺Webデザイナー目指してるんだっけ?』と我に返った事があります。

特にスティンガーとかって凄く良い無料テーマだとは思うんですが、カスタマイズ前提って感じじゃないですか?ちょっぴり物足りないと言うか。

そこがカスタマイズ蟻地獄に飲み込まれる原因になってしまいますw本来の目的を見失わないで下さい。

私は情報商材などは買った経験が一度も無いのですが、ワードプレスの有料テーマは気に入ったのがあればバンバン買います。

それが最強の『時間の短縮』になるからです。当ブログの【アルバトロス】も有料テーマです。確か8000円くらいかな?

これを高いと思うか安いと思うかは人それぞれですが、私は破格すぎると思います。

仮にアルバトロスと同レベルのデザインを作れるようになるにはどのくらいの勉強時間が必要なのか?と考えた時に、パソコン音痴の私だったら恐らく半年間はみっちり勉強しなければいけません。

日給10000円と考えて30日×6ヶ月で1800000万円かかる計算です。

つまりアルバトロスを購入すると

1800000-8000で1792000円分も得した!という計算式になる訳ですw

これは当然個人差がありますが、そんなマインドで考えてみるとお金を払う方が得するって感じしませんか?少なくとも私はそう感じます。

ちなみに同じような理由で情報商材を買うのはオススメしません。普通に本質さえ分かっていれば無料の情報だけで余裕で稼げますから。

無料コンサルもしてますのでぜひ気軽にご相談ください。

売り込み臭がぱない

仮にアクセスがあっても全く売れないのがこれです。ゴリゴリにアフィリリンクを散りばめて買え!買え!って感じで売り込み臭が強すぎて客がドン引きするアレです。

まずは『無料で情報を与える』って事が大切だと言われています。これは心理学的に言えば『返報性の法則』に当たります。

情報系の人の多くが言われていますが

  1. 集客
  2. 教育
  3. 販売

これらをメルマガのステップメールを使ってやっていくのが良い!って何処かで聞いた事ありますよね?

これはブログでも当てはまります。特にアクセスがあるのに全く売れないって人は『教育』の部分が抜け落ちています。

  • 教育=洗脳

と言われる事がありますが、あまり良い響きでは無いですね^^;

私的に教育の意味は

  1. 信頼
  2. 信用
  3. ファン化

このどれかだと思っています。特にブログアフィリやサイトアフィリでは一見さんにその場で買ってもらってサヨナラ〜と言った『単発的』な要素が強いですから、記事の中で信用を作ると言う事を強く意識した方が良いかと思います。

まとめ

上げればまだまだ出てきそうですが、今回は比較的多いのでは無いだろうか?っていう事例を書かせていただきました。参考になれば幸いです。