後発組がブログアフィリで最短で利益を出す為のキーワード選びのコツと特売たまごの戦略

私達のような後発組が最短でブログアフィリやサイトアフィリで収益を出していく為には何が必要なのか?答えは簡単です。

『狙ったキーワードで上位表示させる事』

…それが出来たら苦労しないだろって?

では仮にあなたがアフィリエイトする商品が決まっているとして、どのようなキーワードを意識してコンテンツを作っていくでしょうか。

一般的に『成約率が高い』とされるキーワードは

  • 『商品+レビュー』
  • 『商品+評価』
  • 『商品A+商品B+比較』

などです。

私自身も後々はこの様な複合キーワードで上位表示を狙いたい訳ですが、この複合キーワードは誰でも思いつくキーワードなのでライバルがハンパなく多いし既に古株のアフィリエイター達が上位を独占してます。

ここへ正面から挑んでも普通に玉砕されます。彼らよりも圧倒的なコンテンツ量&上質なコンテンツが無ければ勝つ事はまず無理です。

『こんなに良い記事書いてるのになんで上位表示されないの!?グーグルは何をやってるのよ!キィィィ!!!』

…それはあなたが有益なコンテンツを書けていないからじゃありません。ただ単純に競合が多い激戦キーワードで戦っているから勝てないだけです。

では実際に私の実績の出ているキーワードの選び方を紹介します。

 

これは私の出会い系ブログのアクセス解析です。

具体的なキーワードは私の戦略のコアの部分なのでお見せできませんが、複数のキーワード=記事で上位表示している事が分かるかと思います。

実はこの記事達はアフィリエイトしている商品のレビュー記事などではありません。キーワードに商品名すら入っていないんです。

実際に私がアフィリエイトしたい商品、それは『ワクワクメール』や『PCMAX』と言った出会い系サイトのアフィリエイト。ではワクワクメール関連のキーワードではどうなっているのか?

恐らくこの3つのキーワードで上位表示出来ればかなりの収益が見込めるはずです。冒頭で書いた

  • 『商品+評価』

の鉄板キーワードがありますね。しかし平均掲載順位は148.2位。これでは訪問される訳がありません。

そもそもこの複合キーワードを意識して記事は作っていないので逆にどの記事が表示されているのかさえ分かりません。

しかし実際に私は上位表示されている記事からワクワクメールやPCMAXのアフィリ報酬を得ています。

ちなみにこの出会い系ブログは立ち上げから2ヶ月で20記事程度書いた後、ほとんど放置していたブログです。そして3〜4ヶ月目から収益が発生してきました。

現在は立ち上げから約半年が経過しましたが、記事数は35記事ほどの弱小ブログです。

ではこのような事が可能になるキーワードの選び方のコツを解説していきます。

属性

まず絶対に大切な事は検索ユーザーの『属性が合っているか?』という事です。

例えばあなたが【とある胸が大きくなるサプリ】のレビューや体験談を綴ったブログを作っていた場合に【毛がみるみるうちに生えてくる神の発毛剤オメガΩ】をアフィリエイトしていたらどうでしょうか。恐らく収益化は見込めません。それは属性が合っていないからです。

この【サプリレビューブログ】の場合、成約される可能性の高い『濃い属性』の順位を大まかに付けるとこうなります。

  1. このサプリのレビューを探している人
  2. 胸が大きくなるサプリを探している人
  3. 貧乳で悩んでいる人
  4. ナイスバディーになる方法を探してる人
  5. 異性にチヤホヤされたい人
  6. 女の人

この理由を詳しく紐解いていきます。この概念が分かれば意識すべきキーワードが分かってきます。

  • このサプリのレビューを探している人

検索ユーザーは既にこのサプリの商品名を知っていて、ある程度の商品知識があります。しかし購入までのもう一押しが欲しいので実際にサプリを利用している人のリアルな感想や意見が欲しい訳です。

『このブロガーさん本当に胸がおっきくなってるわねー!私の目に狂いは無かったわ。早速アマゾンで買っちゃおうかな…あっ、ここに商品のリンクが貼ってあるわ。なんて親切なブロガーさんなのかしら♡ポチッとな♪』
と言った具合になる可能性が最も高い、属性の濃いターゲットです。なので【商品+レビュー】などのキーワードは成約率が高い反面、競合が多い人気キーワードになってしまうわけです。

  • 胸が大きくなるサプリを探している人

こちらもかなり濃い属性です。ただ、1よりも若干ですが属性は弱くなります。

理由は『既にこのサプリを利用したけど自分には効果が無かった人』や『このサプリ会社が嫌いな人』などが含まれている可能性があるからです。

この属性の人が検索に使うキーワードは【胸+サプリ+ランキング】や【サプリA+サプリB+比較】などが多いと思います。

もしあなたが複数の商品を紹介しているなら良いですが、ランキングサイトや比較サイトは最も競合が多い激戦区です。

  • 貧乳で悩んでいる人

一見すると属性はかなり濃いですが、1と2よりも成約率は下がるはずです。

理由は『サプリを飲む事に抵抗がある人』や『豊胸手術を受けようと思っている人』にとってはサプリレビューブログは有益なブログとは言えないからです。

検索キーワードは【胸+小さい+悩み】や【貧乳+コンプレックス】などでしょうか。

  • ナイスバディーになりたい人

こちらは更に属性が弱くなります。理由は『ナイスバディー』という括りが大きすぎるからです。検索キーワードは【スタイル+良くなる+方法】などでしょうか。

上記の『貧乳で悩んでいる人』の場合は胸というピンポイントの悩みがありますが、こちらの場合は『胸を大きくしたいのか』『脚を細くしたいのか』『ダイエットをしたいのか』『筋トレでスタイルを改善したいのか』といった事がはっきり分かりません。

  • 異性にチヤホヤされたい人

ここまで来れば分かると思いますが、かなり属性は弱くなります。『髪型を可愛くしたいのか』『フェロモン香水を探しているのか』『心理学的なものを学びたいのか』など属性を特定出来ません。

  • 女の人

『女性』という属性が合っているだけです。成約率は相当低いです。この大きな括りで成果を出すには【ガールズちゃんねる】の様な女性をメインターゲットにした巨大な媒体を作らなければ不可能です。

…で、実際に私が意識しているのは何番なのかと言うと『3>>4>>>5』です。その理由を解説します。

  • 1と2を狙わない理由

冒頭で書いた通りライバルが多すぎるからです。後々は狙っていきたいですが、コンテンツの構築にかなりの時間を要しますので最短で利益を出すことは難しいです。

  • 6を狙わない理由

属性がハンパなく弱い上に【ガルちゃん】の様なかなりのマンモスサイトを作らなければ満足のいく収益は上がらないと思います。

訪れたユーザーの1万〜10万人に1人ぐらいが『あわよくば』成約してくれれば良いレベルです。現実的ではありません。

  • 3・4・5を狙う理由

これも『あわよくば』を狙っているのですが、実は様々なキーワードから【属性:薄〜並】のターゲットを集める事ができます。

例えば、『豊胸手術を受けようとしている人』には手術のリスクや費用、後々のメンテナンスの大変さ等のデメリットを伝えた上でサプリを紹介する事が出来たりするわけです。

この場合、一見すると関係なさそうなキーワード【豊胸手術+リスク】などから集客しても普通に成約されます。


『男性を手玉に取りたいから心理学を学びたい人』には、実は男性は胸の大きな女性の方が心を開きやすい(分かりませんが…)等のコンテンツからトリッキー的にサプリへ誘導出来てしまいます。

つまり属性を

『サプリを飲んで胸を大きくしたい人』

だけに絞らずに、単なる『女の人』よりも属性が濃い『美意識の高い女の人』や『男性にチヤホヤされたい女の人』まで範囲を広めれば様々な切り口=キーワードからサプリへの誘導ができ、ライバル不在の穴場キーワードで最短で上位表示をさせて利益を上げる事が出来ます。

特売たまごの戦略

次は戦略の部分です。もうお分りだと思いますが私は

【属性:薄〜並のターゲットに対して色々な切り口から情報発信をして、その集まったアクセスを本来紹介したかった商品へ誘導している】
たったこれだけです。しかしここで気をつけなければいけないのが『ワクワクメールのレビューを探している人』や『優良出会い系サイトのランキングが知りたい人』のような属性の濃い【いますぐ客】は集められていない事です。

ここで重要になってくるのが特売たまごの戦略です。

まず、この特売たまごと言うのは単なる客寄せの為です。お客さんが卵だけ買って帰ってしまったらスーパーに利益はありません。『せっかくスーパーへ来たんだからついでに他の商品も買って行こう』といったお客さんを呼び込む為の戦略です。

私達のブログをこの【スーパーの戦略】に当てはめるとそのロジックが分かるかと思います。

スーパーは赤字覚悟でたまごを販売します。私達は『それ単体では利益の出ないコンテンツ』を時間と手間を掛けながらコンテンツを発信します。つまり私達もこの段階では赤字というわけです。

そして、このたまごには『最低限の品質』が無ければいけません。もし手に取ったたまごが殻がグシャグシャでカビが生えていたらどうでしょうか。速攻で帰ります。そしてそのスーパーには二度と来てくないかもしれません。

これはブログでも同じ事。せっかく来てくれたユーザーが、

『しょーもないクソみたいな記事だな…』

と感じてしまったら速攻でページを閉じられます。『最低限の品質』が無ければレジまで来てくれない=最後まで読んでくれないという事です。ただこれだけではまだ足りません。最低限の品質レベルでは、なんとなーくお会計を済ませるだけです。

たまご=コンテンツが上質であればあるほどお客さんの満足度が上がります。

普通の卵よりも採れたての新鮮卵、更には国産地鶏の有精卵まで上質なレベルにグレードアップ出来れば、お客さんは他の商品=他の記事も見てくれる様になりスーパーの名前=ブログ名を覚えてリピーターになり、更には口コミ=シェアによりバズが起こります。

お客さんは店内を隅々まで回りあれやこれといった商品を手にとり最後にレジに並びます。

ここで本当に売りたかった利益の取れる商品『店長のおすすめ!』をレジ横に置いておくわけです。

この時、既にお客さんとの信頼関係が構築出来てさえいればこの『店長のおすすめ!』を売り込む事は容易に出来てしまいます。

『こんなに高級な卵が100円で買えるなんて驚きだわ!新鮮な野菜も安いし、今度からこっちのスーパーを利用するしかないわね♪…あら、店長のおすすめがあるわ。ここの店長がオススメしてるならきっと間違いないわね!よっしゃ!買うたる買うたる♪』

と言った事が起こります。当然買ってくれない人が大半を占めます。しかしたまごが上質であればあるほど店長のおすすめ!を購入してもらえる確率が飛躍的に向上します。

まとめ

後発組は『誰でも思いつく鉄板キーワード』では挑まない。
しっかり属性を意識した穴場キーワードで挑む

例:【毛がみるみる生えてくる神の育毛剤オメガΩ】を売りたい場合

『育毛剤オメガΩ+レビュー』←競合が多いので狙わない

『カツラ+費用』『ハゲ+モテない』『毛生え薬ハエマセヌX+効果無い』←競合が少〜並だが育毛剤オメガΩに興味を持ちそうなターゲットを意識してみる

このコンテンツ達が上質であれば上質であるほど育毛剤オメガΩを買ってもらえる可能性が高くなる。

このような事を意識してコンテンツを作れば後発組でも最短で利益を出す事が出来るようになるはずです。ぜひ参考にしてみて下さい。