やば、負けるかも…典型的O型の私と典型的A型の嫁でアフィリエイト対決を始めました。

『鼻の穴デカイやつ大体ゆるゆる』どうも。たかぴろ(@yorozuyalab)です。

先月から当ブログ以外からのキャッシュポイントを作る為2つのメディアを立ち上げました。

1つ目が仕事体験談まとめサイト社畜ING(しゃちきんぐ)

2つ目が嫁が執筆・運営、私が監修している子育てブログMadder Bell(マダーベル)

今回は色々と調査も兼ねて全く異なる運用方法の2つのサイトを立ち上げました。

各サイトの運用スキーム

  • 社畜ING

社畜INGは9割外注記事だけで構築している質より量を重視したサイトです。

1記事1000〜1500文字ぐらいのレベルで100記事程度投入した段階です。とりあえず今は投稿のペースを落ち着かせている状態です。

  • Madder Bell

マダーベルは特化型ブログでこどもちゃれんじに関しての高品質記事を量より質重視で投入しているブログです。1ヶ月で5記事ぐらい、1記事4000〜8000文字ぐらい。※嫁のさじ加減

  • 当ブログ

そして3つ目が当ブログの万屋ラボです。約2年放置しまくってたブログですが、先日から特化寄りの雑記ブログへ方向転換して再度運用を始めました。

私のイメージとしては普通以上(1500〜3000文字ぐらい)の品質の記事を普通のペースで投入していくイメージです。1ヶ月に15記事ぐらい投稿出来れば良いかなと。

それぞれのサイトで運用方法に特徴を出したので、今後どのように推移していくのか楽しみです。

  • 社畜ING : 私と嫁の共同運用
  • Madder Bell : 嫁が運用(監修のみ私)
  • 万屋ラボ : 私が運用

早速対立が起きた!

マダーベルの記事投稿で早速意見が対立しました。私はオンラインメディアは紙媒体とは違って追記・添削が前提と考えているので、

ある程度(4〜6割くらい)の記事が書けたらとりあえずアップして、後で追記していくスタイルです。

下書きのままだと『いつか書こう〜』となってしまってそのままお蔵入りパターンもあるので尚更そうしてます。

ですが生粋のA型気質な嫁は満足のいく記事が出来上がるまで絶対に公開はしない奴です!

『とりあえずGoogleに認知されないと何も始まらないから途中でもいいからアップしちゃいなよ』と言っても断固として拒否!

別に人それぞれなのでそこはなんでもいいですが笑

普通にクオリティー高ぇ!

マダーベルは運営約1ヶ月でまだ6記事程度ですが、記事のクオリティーは半端なく高いかと思います。

これは私がかつて運営していた出会い系ブログが、とあるキーワードで公式サイトを抜かして1年半に渡って検索1位を取り続けていた記事の考えに由来しています。

『中途半端な記事を1日1記事上げるぐらいなら1週間かけて誰にも(公式にも)負けないぐらいの1記事を作った方が結果的に早くアクセスが来るし放置しててもずっと報酬が入ってくるよ』と。

実際に数値化したアクセスや報酬の推移を見せて説明したので嫁的にはかなり腑に落ちた様子。愚直に実践してくれています。

これはさすがに注意しました

初心者アフィリエイターあるあるなんですが、嫁もこのあるあるに該当しました。

  • デザインにばかり時間かけちゃって肝心の記事が一向に仕上がらない

これ、私が制作会社のwebディレクターをしていた時に何度もクライアントに説明していた事です。

『デザインが良いだけでは新規顧客となる検索ユーザーはここへは辿り着か(け)ない』

これはデザイン制作のハードルを下げる謳い文句でもあったのですが笑

で、案の定うちの嫁もデザインに凝り出して肝心のテキストが全く増えていかない現象が起きていました。

これは流石にアカンという事で、まずはワードプレスのテーマを無料のテーマから、デザイン性に優れた有料テーマのストーク(当ブログでも使用しているコレです)に変更しました。

初めは嫁もテーマという物に1万円払う事に抵抗感を示していましたが、、、結果的に大満足のようですw

  • テーブルのデザインに悪戦苦闘

HTML・CSSはそこまで苦手ではない分野ですが、複雑な表になるとPCとスマホの両方で満足のいくテーブルにするのは結構知識が必要になります。

嫁もテーブルのデザインに悪戦苦闘して2日くらいひたすらCSSを弄っていたので、これはアカンという事で思い切って『画像で吐き出して貼り付ける』作戦に変更しました。

ちなみにGoogle先生は画像内のテキストも全て認識していますので問題ないはずです。

嫁に負けるかもしれない…

正直、マダーベルの記事クオリティーだったら特化記事を30記事も投入すれば余裕で報酬は発生するはずです。

Googleが目指している”ユーザーにとって有益なコンテンツ”という言葉。2015年から現在にかけてその精度が上がっているのだとしたら、

私が当時運営していた出会い系ブログと同じ”たかぴろイズム”を継承しているマダーベルが正しく評価されることは間違いありません。

弟子の師匠越えを願うばかりですが私より稼がれても困るのでこのブログも頑張っていきます。。。