雑記ブログとは言ってもアダルトとノンアダルトをごちゃまぜにしちゃいけない3つの理由

どうも。万屋ラボ編集長のたかぴろです。

当メディア【万屋ラボ】は過去に幾度も方向転換を重ね、ブログ名の変更や取扱いジャンルの変更を重ね現在に至っています。
今回の記事では私のそういった運営経験を元に

    • これからノンアダルトジャンルでのブログ立ち上げを考えている人
    • すでに運営中の雑記ブログにアダルトジャンルを取り入れたい

と考えている人に「ちょ、待てよ」とラブジェネ第5話のキムタクばりに貴方を引き止めたい一心で記事に書き起こそうと決めた次第です。

レンタルサーバーの問題

当ブログでは何度も解説していますが、ワードプレスでブログを立ち上げる際に必須になるのがレンタルサーバーの契約です。

国内サーバーで最も有名かつ利用者が多いのがXserver(エックスサーバー)次いでロリポップだと思いますが、この二社のレンタルサーバーではアダルトコンテンツの運営が規約違反で出来ない事になっています。

既にノンアダルトジャンルで雑記ブログを運営している方の多くはXserverかロリポップで運用しているかと思います。

そこにアダルトジャンルのコンテンツを取り入れようとした場合、サーバー会社の規約に引っかかり、最悪契約解除になる可能性が出てきますので、サーバーの引っ越しをする必要が出てきてしまいます。ワードプレスの引っ越しは慣れている人ならなんて事は無いですが、サーバー関係に疎い人にとったら恐怖でしかありません。クラウドソージングサービスのココナラならランサーズやクラウドワークスよりも格安で(だいたい1000~3000円くらい)ワードプレスの引越しを請け負ってくれるくれる人もいるのでおススメではあります。
ココナラで頼んでみる

ですがまだブログ運営をした事がなく、これから新たにサーバーを契約して始めようとしている人で、今後もしかしたらアダルトアフィリもやるかも〜?と1%でも考えている人なら間違いなく初めからアダルト可のレンタルサーバーを契約しておいた方がイイです。

これは例えるならば、これから自動車免許を取ってゆくゆくはマニュアルのスポーツカーに乗りたいと思っているけれど、まだクルマを買う金も無いし父親のアルファードを週末に乗るぐらいだから、とりあえずオートマ限定免許で良いか〜。というぐらいコスパが悪い事をするという事です。

後から限定解除をする手間と費用を考えたら、今後0.1%でもマニュアルに乗る可能性があるのなら初めから制限の無い方を選んでおいた方が結果的にコスパが良いのです。

おススメ記事はこちらです

アダルト・出会い系アフィリサイトでSSLを導入予定なら国内サーバーのmixhost(ミックスホスト)で決まりじゃん?

4月 21, 2018

ASPの問題

ブログの立ち上げ後、アフィリエイトを始める際に必要になるのがASPとの提携作業です。

ASPとは商材の紹介者である我々アフィリエイターと商材の販売元である広告主をマッチングしてくれる広告代理店的な存在です。

大手では、A8(エーハチ)やafb(アフィビー)、バリューコマースなどが有名です。

ASPにはそれぞれ強みがあり、スマホアプリに特化したASPや格安SIMにやたら強いASPがあり、多ジャンルを扱う雑記ブログであれば複数のASPに登録をして発信する記事に合わせたASP・広告主と提携をしていく必要があります。

ですが有名どころのASPでは、アダルトジャンルを含んでいるメディアとの提携を不可としている所もあります。

例えば金融系に強いと言われているアクセストレードに提携申請をしたところ、以下の理由で提携見送りとなりました。

当ブログは現段階でまだ40記事ほどなので、完全なノンアダルトへシフトする事も不可能ではありませんが、それならいっそ別のブログを立ち上げた方が遥かに効率が良いと思い、アクセストレードとの提携は諦めました。

広告主の問題

上記で説明した通り、アダルトジャンルを含むメディアでは提携できないASPが存在するという事が分かったかと思います。

一方で、アダルトジャンルを含むメディアでも提携自体は問題なく出来るASPは多々あります。

ですが無事にASPの審査が通ったとしても、広告主との提携が出来ないという次のハードルがあります。

ASPの扱っている案件には即時提携(審査無し)審査有りの2種類があり、広告主によって提携条件が異なります。

私の場合これまで即時提携の案件では提携不可となった事はありませんが、審査有りの案件では数社提携が出来なかった事があります。

特にクリーンなイメージでブランディングしている広告主はアダルトジャンルを好まない傾向が強いと感じています。まぁ逆の立場で考えてみれば当然っちゃ当然ですね笑

まとめと解決策

  1. サーバー会社によってアダルトジャンルの掲載が規約違反になる場合がある。
  2. アダルトジャンルを掲載していると提携見送りになるASPがある。
  3. 仮にASPと提携出来ても、提携不可の広告主が出てくる。

解決策として、今後アダルトジャンルを扱う可能性が1%でもあるのであれば、最初からアダルト可のレンタルサーバーを契約しておく事。

完全ノンアダルトの雑記ブログでコンテンツが充実しているのであれば、そこにアダルトジャンルを無理に追加するのはナンセンスなので、新たにアダルトジャンルのブログを立ち上げる事。

以上、出会い系アフィリをゴリ押しした為に広告が制限されている中、情報発信をセコセコと頑張っているたかぴろがおおくりしました。